デジタルエコノミー研究所

デジタルが生み出す新しい経済を知りたいビジネスパーソンのためのブログ

グルテンフリー始めたら身体が軽い

先週からグルテンフリーダイエットを始めた。テニス選手のジョコビッチ実践する方法なので、元テニス部としてパクらないわけにはいかない、と思った。

 
ジョコビッチは試合中パフォーマンスがぶれない選手で、最近はグランドスラムの5セットマッチでめっぽう強い。ワウリンカとの相性だけ悪そうだけど、ワウリンカがウィナー決めまくっても、なぜか試合自体は伯仲することが多い。
いずれにせよ、グルテンフリーをやってみた結果、ほとんどの麺がダメになり、あれほど好きだったビールからも足を洗った。
 
ついでに食事を野菜中心に改めた。果物もみかんとバナナ、パイナップルなどをとるようにして、さらに野菜ジュースを飲んでいる。
 
ジャカルタ時代(2010-2015)からの習慣でマルチビタミンサプリを摂取している。あと2週間サボったフィットネスを再開させた。
 
1週間半、試した結果
・体重が1キロダウン、72.5→71.5キロ
・身体が軽い
・頭が冴えている時間長くなった
・いつも腹が減っている
 
とかなり高調子。ラーメンのような身体に悪いものを排除できているのもでかい気がする。ビールもやめてワインとか焼酎に変えたら、翌日に酒が残りづらくなった。
 
ただし、困ったときの牛丼率が高まっているのと、タンパク質をうまく摂取できていない気がする。
 
オードリーの春日は1カ月鳥のささみで過ごしたというが、マッチョになりたいわけでもない。
 
若鶏をいっぱい食べる日を一週間のどこかにつくればいいか、と考えている。
 
広告を非表示にする