デジタルエコノミー研究所

コンピューティングが創出する「新しい経済」を知りたいプログレッシブな人へ

開発しながら人を集めよう - axionの進捗#6

先週から創業メンバーを探している。Web Developer, Mobile Developer, Analyst, Journalist, Cooperate, Financeのチームを作ろうと考えている(詳しくはこちら

イベントや飲み会などに参加を開始した。住処を開発能力の習得や開発者とのネットワーキングに適した場所に変えてしまうことを検討した(1件内見をしてみた)。先週したことはあまりワークしなかったが、総当たりのアプローチをとればアウトプットは変わるはず(効果的な方法がわからないので教えていただけると幸いです)。

個人サイトを小奇麗にし、その過程で本当に苦手なCSSを少しだけ再学習した。それでイケる気がして axion.zone に応用したらインターフェイスがぐちゃぐちゃになってしまった。現状は Styled Commponents を使っており、下手に逆らわないようにしようと思った次第だ。

週末、Vue.jsの勉強会に参加したが、Vue.jsReactに比べてかなり簡単そうだったので心が揺らいだ。axion.zone はReactで構築したし、原宿のファッションのように変化が激しいジャンルなので、キャッチアップする気はないのだけど。

創業メンバー募集の戦略

  • 初級開発者としてaxion.zoneの開発を進め、研鑽を磨きながら、創業メンバーの募集を進めていこう。このやり方は目的とマッチした人材と出会う確率をあげるはずであり、自分自身のモチベーションに噛み合うと考えられる。
  • 加入の順番が重要な気がする。例えば、今の自分が最もアトラクトしやすいカテゴリーがあって、そのカテゴリの人を引き込むと別の重要カテゴリの人が反応する、というふうに。
  • 馬力が大事。たくさんの人に当たるからこそいいチームを組織できる可能性があがるはずだ。見当外れなカテゴリの人に声をかけていたり、チームにとって必要な人材群の選定をそもそも誤っていない限りは。

進行中のタスク

  • FocusFounding Membersを探す
  • Web Appの継続的開発(文章校正、インターフェイスの改修, APIs)
  • ネットワーキング(New!)

開発のタスク

  • 旧サイト(axion.blog)から新サイトにコンテンツの移行をする
  • モバイルアプリのプロトタイプで示したインターフェイス axion.zone でもある程度実現できる手段を探す。
  • Web Appのプロトタイプをする
  • Web Appの開発計画をつくる

今後進める予定のタスク

  • 創業時の株式分配見通し
  • Stock Optionの設計(税制適格, Vesting)
  • 会社設立 Founding
  • 投資家との交渉

創業メンバー募集に到達 - axionの進捗#5

創業メンバー募集

創業メンバーをこれから探します。来週から積極的に勧誘活動をしようと思います。ほぼ一人でスタートアップ最初期を終えており、今後のゲームは明確です。ソフトウェアエンジニア、アナリスト、ジャーナリスト、財務、オペレーションの募集です。バンドのメンバー募集のノリですがいいチームを組むためにこの手法が必要と感じています。詳しくはこちらをどうぞ。

プロトタイプ、事業計画書完成

プロトタイプと事業計画書が完成した。これでプロジェクトの状況と将来の計画がわかるはず。潜在的な競争相手にもわかってしまいますが、このプロジェクトをやれるのは日本では私だけなのではないか、と息巻いています。

Web Prototype & Articles

https://axion.zone 

Former Web Prototype

https://axion.blog/

Mobile App Prototype(iOS)

https://sketch.cloud/s/YMwLe/eP09Om/play

Business Plan(short version)

https://drive.google.com/open?id=1njrKU_oRaCSc2sgj5w9XFkXmXfe9zWNa

Vision

https://axion.zone/our-vison-make-humanity-free-and-optimize-the-pursuit-of-happiness/

My profile

https://taxiyoshida.net/

進行中のタスク

  • 【Focus】Founding Membersを探す
  • Web Appの継続的開発(文章校正、インターフェイスの改修, APIs)
  • プロフィルサイトの改善(インドネシア時代の業績の整理と英語化)

今後進める予定のタスク

  • 創業時の株式の分配見通し
  • Stock Optionの設計(税制適格, Vesting)
  • 会社設立 Founding
  • 投資家との交渉(New!)

余談

今週は滑らかにいろいろ進んだ気がする。これからはFounding Members探しが肝要である。ある程度検証が済んだいまの状態で、株のインセンティブがある形で、axionに参画するのはかなりリスクとリターンのバランスがうまいはずだ。あとから参加すればポジションやインセンティブが落ちていく。ダッチオークションのようなものなのだ。

もちろん、ぼくは自分の能力やプロジェクトの将来性を過信しているし、リスク選好が一般から著しく乖離している(ぼくのリスク選好が正しいのだよ、総合商社君、電機君、銀行君?)。だからこの考え方に納得してもらえないかもしれない。

でも考えてほしい。あなたがアフガニスタンに生まれたとして、タリバンのテリトリーの渓谷を越えないといけない状況にあるとする。なかなかの割合で死ぬかもしれない。そのリスクに対するリターンは、生き残るということであり、日本に住むわれわれから見ると、あまり芳しくない。最悪だ。

かたや日本では、人々は日々の安全が保障され、経済的成功を目指すチャンスすらある。なのに人々はその機会を活かさないのだ。人々はリターンが期待できない銀行口座にお金を置いている。政府のデフォルトによる預金封鎖、稼ぎ方を知らない邦銀の破綻に伴うペイオフのリスクを無意識に背負っている。リターンなきリスクを負うのは、戦略として最悪である。
f:id:taxi-yoshida:20181104153705j:image

ということなので、ぼくと一緒に素晴らしいリターンを目論んだリスクを追ってみるのは悪くない。僕自身はあまり金に興味はなく、上記のVisionにある考えを推し進めたいと考えていて、それを最も効果的に実現する手段が、スタートアップということだ。

余談2、水泳その他

今週は2000メートル泳ぎ、10㌔走り、50㌔歩行した。疲労があり低調だった。

水泳は平泳ぎ専門だが、泳法を改善した結果、速度がとても上がった。ただし身体への負荷は上がり、ダメージを感じる。運動時はiherbで買ったパワフルなBCAAを飲んでいるが、今週は何度も携帯するのを忘れ、味の素のアミノバイタルで済ましたことがダメージの一因の気がする。ぼくはサプリメントに生かされていることを実感している30代の独身男性なのだ。

身体と同時に頭もオーバーワーク感がありありなので、来週頭のどこかでスーパー銭湯で半日ほどリラックスしようかと思う。休養はとても重要だが、ぼくは苦手である。もうそんなに若くもないのでそろそろ休養もうまくならないと。それから、本当に余談だけど、錦織圭もオーバーワークな感じでロンドンでのファイナルに滑り込んだけど、怪我をしないように頑張ってほしいと願っている。

 

ストックオプションはシリコンバレー型に, "Skin in the game"を実践するため - axionの進捗#4

進行中のタスク

  • 事業計画書 Business Plan(70%)
  • Web App Prototype(80%)
  • Mobile App Prototyping

今後進める予定のタスク

  • 創業時の株式の分配見通し、Stock Option等の設計(New)
  • Founding Membersを探す(New)
  • プロフィールサイトを詳細に書く(New)
  • 会社設立 Founding(New)

事業計画書とWeb App Prototype(axion.zone)は今週ほぼメドがついた。事業計画書は一部の改定と、公開用簡易版、創業メンバー・投資家版を切りわける仕事などが残っている。1,2日の仕事のはずだ。終わり次第、SketchでMobile Appのプロトタイピングを進める予定だ。

ぼくは今日、ストックオプションをどう設計するかを考えたが、上場まで権利行使が延ばされる日本型ではなく、シリコンバレー型のVesting方式を採用しようと結論付けた。ソラコムがこの方式を採用していたようだ。

昨年のこの時期も資本政策をある程度かじったが、ただただかじっていたことが判明したので、再度学習が必要だと感じる。一方、プロトタイピングや開発、コンテンツ製作をしながら資本政策をするのは、脳の効率が低くなるので、オペレーションとファイナンスに通ずる人材を早期にチームに入れておくべきだと考える。率直に言えば、この人材の参加は後々でいいだろうと考えていたが、チームが速く走るためには必要であると考え直した。もちろんaxionの主役が広義のクリエイターであることに変わりはない。

株とストックオプションをどう配るかについては、しっかり設計したい。スタートアップの成長の重要な要因になるはずだ。チームに加わる人には株とストックオプションのどちらかを持ち、"Skin in the game"(身銭を切って参加せよ)になってもらうことが、すべてのステークホルダーにとって幸福なことになると確信している。

Skin in the Game: Hidden Asymmetries in Daily Life

Skin in the Game: Hidden Asymmetries in Daily Life

 

ぼく自身、従業員として働いていたとき、著しい実績に対して金銭的報酬が与えられず怒りを覚えたことが日本とインドネシアで少なくとも2回ある。報酬体系が適正ではない組織は、組織と構成員の目標が乖離し、たちの悪い社内政治がはびこるなどの弊害がある。ぼくは経済学を学んだので、ある程度インセンティブの効力を信じており、インセンティブに対して最適な反応をする賢い人と働きたいのだ。

創業メンバーは、ソフトウェアエンジニア数人とアナリスト数人とオペレーション/ファイナンス1人の構成がいいのではと考えている(現時点では)。

今週は2000メートル泳ぎ、32㌔ジョギングし、60㌔歩行した。体力が復活してきてから再び精神的に焦るようになったので、はやった気持ちを落ち着かせられるようにするのが来週からの課題だ。カフェインを取りすぎている感がある。落とし穴に気をつけよう。